漢方精力剤の副作用

合わない薬をのんだり、体質に合わない成分を使用すると、胃腸障害、食欲不振、むくみ、動悸、血圧が上がる等の症状が出る場合もあります。漢方だから100%安心なんて事はありません。天然素材のため副作用はないと言って等しい(アレルギーは別途)中国の伝統医学、日本では独自の発展。珍獸部位や薬草の根、茎、葉などを乾燥させた生薬を2種類以上組み合わせる。煎じ薬、粉末、丸剤、エキス剤など。しかし。ネットでは漢方のフリをしたED薬成分を内緒で混入している物が多い。以前、中国政府はバイアグラの特許を棄却しました。品質の危険な物や無断混入精力剤まで偽バイアグラが造り放題です。中国は性悪説の社会で反日教育国家です。騙される奴が悪いの習慣な上に、反日行為はお咎めはないに等しく、日本人向けのサイトでは心ない所が多く、自己防衛が必要なことも事実です。

  • 副作用に下痢?ニセ物バイアグラでは?

ニセ物は、水溶性の凝固剤を使用していません。そのまま水に入れると別途詳細のように溶けない、混ざらない「つぶつぶ」が2~10分以上、残ります。その不純物、不溶物が、胃や腸で残ってしまうため、正規品ではおこらない胸焼け、吐き気、嘔吐、ドのすぎる動悸、ドの超えた頭痛、下痢、翌日の嫌悪感などに「副作用」と騙されている正作用になるわけです。

  • 中国漢方精力剤は必ずしも安全ではない

中国漢方の中には精力剤としての効果を発揮するものもあります。しかし、その選び方はくれぐれも慎重に。中国漢方の精力剤による健康被害の報告は日本国内だけでなく、世界中で相次いでいます。

不適切な成分が含まれていること

バイアグラと同等の効果を得られるということを売りにして販売されている漢方があります。しかし、そういったものには本来、医薬品にしか配合が許されていない成分が含まれていることも。たとえば「蟻力神」という精力剤にはバイアグラの主成分であるシルデナフィルという成分が含まれています。ですので、中国漢方だからといって、必ずしも副作用が起こらないというわけではないんです。

生薬が体質に合わないこと

また、人によっては中国漢方が体質に合わずに健康被害を起こしてしまうこともあります。生薬アレルギーの方もいますし、胃腸が弱っている方の場合、吐き気、消化不良、胸焼けなどの副作用を起こしてしまうことも。特に注意が必要なのは朝鮮人参など高血圧をもたらす作用があるもの。もとから高血圧の方や心臓に問題を抱えている方が使用すると、深刻な症状を招いてしまうことがあります